”黒”で引き締める。三菱自動車、「RVR」に特別仕様車「BLACK Edition」を設定

三菱自動車は2019年12月12日、コンパクトSUV「RVR」に、アクセントカラーにブラックあしらった特別仕様車「BLACK Edition(ブラックエディション)」を設定。同日より全国の三菱自動車販売店で発売した。価格は244万8600〜268万9500円。

特別仕様車「ブラックエディション」は、上級グレードのGをベースに、ピアノブラック塗装とブラックを組み合わせた専用のフロントグリルを採用。さらに18インチアルミホイールをブラック塗装とすることで精悍な印象に仕立てた。これに加え、ブラックマイカのLEDターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラーやブラックのベルトラインモールを採用。三菱車らしいタフで独創的なデザインをさらに引き立てている。

インテリアにおいては、メーカーオプション設定のスウェード調素材と合成皮革のコンビネーションシート(赤ステッチ入り)を標準装備したほか、赤ステッチを施した本革巻きのステアリングホイールや、シフトノブ、パーキングブレーキレバーを専用装備する。また、メーカーオプション設定の運転席パワーシートや運転席・助手席シートヒーターを標準装備化するなどして利便性を向上させた。このほか、ブラック内装に合わせてパワーウインドースイッチパネルをブラック化し、アクセル&ブレーキペダルにアルミ素材を採用するなどスポーティさを演出している。


[価格]

〈1.8Lエンジン・6速CVT〉

ブラックエディション:FF…244万8600円/4WD…268万9500円

 

RVRの詳しい情報はこちら

*製品仕様・価格などは発表時のもの


三菱自動車

https://www.mitsubishi-motors.co.jp