【ダカール・ラリー2020】ステージ4 ついにペテランセルがステージベスト。トヨタとミニ2台の三つ巴へ

ネオムからアル・ウラへ向かうステージ4は、海岸線から内陸部へと向かうルート。2000m級の山々の間を走り、前日同様に1400m前後の標高を通る。ハイスピードの砂地、石を含んだパウダー状の砂、スロー走行を強いられる岩盤と3種類の路面が待ち受ける、これまでの最長453km(総走行距離676km)で争われた。

いよいよ、「ミスター・ダカール」が本領を発揮してきた。二輪と四輪合わせて13回総合優勝しているステファン・ペテランセルが、ステージ後半でスパートをかけ、このラリー初めてのステージウィン。総合でも3位までポジションを上げた。

●302号車ミニJCWバギーを駆る、「ミスター・ダカール」S・ペテランセル。このステージトップタイムで総合3位に浮上

2位にはTGRのアルアティヤ、3位にはペテランセルのチームメイト、サインツが続き、この2人は総合のポジションもキープ。総合優勝争いは、早くも三つ巴の様相を呈してきた。ステージ4位は地元サウジアラビアからハイラックスで参戦中のアルラジ。前日まで総合3位だったミニJCWラリーのテラノバが、ステージ10位タイムと大きく遅れたため順位を上げ、アルラジが総合4位。テラノバは5位まで後退してしまった。

●総合首位は変わらず、305号車ミニJCWバギーのC・サインツ
●300号車のアルアティヤは総合2位をキープ
●総合4位は309号車トヨタ ハイラックスに乗る、アルラジ
●311号車ミニJCWラリーのテラノバ。ステージ2では総合首位だったが、5位まで後退

市販車部門で1-2位を走るTLCは、この日は総合順位を大幅にアップ。ラビエルの326号車が26位、三浦の338号車が28位でステージをフィニッシュし、クラス1-2もキープしている。

●TLCの2台は、この日も市販車部門1-2をキープ

前日、修理のため出走を見送った日野チームスガワラの519号車は、見事復活し再スタート。しかし競技としては続行できず賞典外でのコース復帰となった。もう1台のレンジャー、菅原の512号車はサスペンションのセッティング変更が功を奏し、ステージを12位でフィニッシュ。総合順位を1つ上げ13位とした。

●日野レンジャーの519号車は、テストも兼ねてリスタート。オレンジゼッケンは賞典外を表す

ステージ4 ネオム~アル・ウラ
■ステージランキング

  1. S・ペテランセル(ミニJCW バギー)   4h4m34s
  2. N・アルアティヤ(トヨタ ハイラックス)  +2m26s
  3. C・サインツ(ミニJCW バギー)     +7m18s
  4. Y・アルラジ(トヨタ ハイラックス)    +11m30s
  5. M・セラドリ(センチュリー バギー)   +13m17s
  6. G・ドゥビリエ(トヨタ ハイラックス)  +18m16s

■総合ランキング

  1. C・サインツ(ミニJCW バギー)     15h12m12s
  2. N・アルアティヤ(トヨタ ハイラックス)  +3m03s
  3. S・ペテランセル(ミニJCW バギー)   +11m42s
  4. Y・アルラジ(トヨタ ハイラックス)    +23m10s
  5. O・テラノバ(ミニJCW ラリー)     +23m13s
  6. M・セラドリ(センチュリー バギー)   +26m55s
  7. G・ドゥビリエ(トヨタ ハイラックス)  +34m40s
  8. B・テンブリンク(トヨタ ハイラックス) +44m40s
  9. M・プロコップ(フォード ラプター)   +1h9m41s
  10. Y・セイダン(ミニJCW ラリー)    +1h30m25s

<文=driver@web編集部・青山 写真=Redbull/ASO/TGR/TCL/HINO>