現行86最終モデルを示唆するブラックな特別仕様車を発見【東京オートサロン2020】

1月10日より幕張メッセを舞台に始まった東京オートサロン2020。トヨタブースと目玉といえば、ついに市販型が世界初披露となったGRヤリスだが、ブースの傍らには真っ黒なAE86(スプリンタートレノ)と、これまた真っ黒な現行86が置いてあった。

その真っ黒なAE86は、1986年1月に設定された「ブラックリミテッド」。400台限定、AE86として最初で最後の特別仕様車だ。最上級グレードのGTアペックスをベースに、黒のフルカラー外装をまとい、ゴールドの「BLACK LIMITED」ステッカーが目を引く。ホイールも専用のゴールド塗装が施された14インチアルミホイールなどを装備する。

一方、真っ黒な現行86について。こちらはあくまでも「コンセプトです」とのことだが、「ブラックリミテッド コンセプト」と名付けられていた。ホイールもゴールド塗装されているし、インパネの助手席前には「BLACK LIMITED」の刺繍が施してあった(その書体は現代風にアレンジされている)。AE86の最後の特別仕様車「ブラックリミテッド」をイメージしているのは間違いない。

というわけで、東京オートサロンで発見した真っ黒な86は、現行型の最後を指し示すモデルと考えていいだろう。現行86は2020年にフルモデルチェンジが噂されていたが、それはやはり本当だったのだ。

ちなみに現行86のブラックエディション(コンセプト)は、GTリミテッドをベースにドアインナーハンドルやエアコン吹出し口、ステアリングスポークやセンターコンソール周辺のパーツをブラックに統一。「本当は、シフトノブなども含めてさらに黒尽くめにしたかったのですが、新規パーツを作るのは辞めました」とのこと。ブラックに統一したパーツは、86登場時に設定があったカスタマイズグレードや、現在の86GRなどで使っているブラック系のパーツを流用しているらしい。ホイールも現行のものがベースで、特別にゴールド塗装を施している。

ちなみに、ボディカラーは現在も設定があるクリスタルブラックシリカだから目新しくはないが、ゴールド塗装のホイールとの組み合わせはなかなか好印象。ブラック統一で落ち着いた室内も大人な感じに仕上がっている。

ちなみに次期86はエンジンパワーを向上させる方向のようで、排気量アップは確実。GRスープラ、そしてGRヤリスとスポーツカーが続々と増殖中のGRブランド。86は当然、GR86と呼ばれるようになるはずだ。

〈文=driver@web編集部〉