日産、「エクストレイル」の先進安全装備拡充や快適性向上など一部仕様向上を実施。オーテックもアップデート

日産自動車はミドルクラスSUV「エクストレイル」の一部仕様を向上し、2020年1月23日に発売する。価格は248万2700〜375万6500円。

今回の仕様変更では、おもに先進安全装備の充実を図った。具体的には車両や歩行者との衝突回避および衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」(グレード別の設定)に新たにミリ波レーダーを採用。夜間での性能を向上させたほか、運転支援技術「プロパイロット」も性能が向上した。

また、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などによって自車の回避操作が必要と判断した場合に、警報によりドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全車に標準装備化した。

このほか、遮音性を向上させるとともに、静音タイヤを採用したことなどで静粛性も向上(グレード別の設定)。より静かで快適な移動空間を実現する。

また、シートなどの内装に上質なレザーを施した新グレード「20Xi レザーエディション」、「20Xi ハイブリッド レザーエディション」を設定。タンレザーならではの高級感のあるインテリアに仕立てられている。

「オーテック」、「エクストリーマーX」も仕様向上

オーテックジャパンが手がけるカスタマイズカー「オーテック」および「エクストリーマーX」もエクストレイル同様の仕様向上を実施。さらなる先進安全装備の拡充と快適性の向上が図られた。

「オーテック」に関しては、エクストレイル唯一の19インチタイヤを継続採用としたほか、新たにザックス製ショックアブソーバーを含むサスペンションを全車に装備。上質な乗り味を実現するほか、さまざまな場面でスムーズに走行でき、安心感やクルマを操る楽しさが味わえる。

また、好みに合わせてインテリアのコーディネートが選択可能な「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」も継続設定している。このプログラムは、運転席・助手席パワーシートが標準装備となるほか、本革シートカラーをストーンホワイト、タンの2色から、ステアリングをストーンホワイト、タン、ブラックの3色から選択でき、ステアリングステッチの縫製パターンも3種類から選べるというものだ。


[バリエーション&価格]

〈2Lエンジン+モーター・CVT〉
オーテック ハイブリッド iパッケージ(2列シート):4WD…400万9500円/FF…379万9400円
20Xi ハイブリッド レザーエディション(2列シート):4WD…375万6500円/FF…354万6400円
20Xi ハイブリッド エクストリーマーX(2列シート):4WD…369万7100円
20Xi ハイブリッド(2列シート):4WD…350万9000円/FF…329万8900円
20S ハイブリッド(2列シート):4WD…288万2000円/FF…267万1900円

〈2Lエンジン・CVT〉
オーテック iパッケージ(3列シート):4WD…377万5200円/FF…356万5100円
オーテック iパッケージ(2列シート):4WD…367万9500円/FF…346万9400円
20Xi レザーエディション(2列シート):4WD…350万3500円/FF…329万3400円
20Xi エクストリーマーX(3列シート):4WD…348万4800円
20Xi エクストリーマーX(2列シート):4WD…341万1100円
20Xi(3列シート):4WD…332万9700円/FF…311万9600円
20Xi(2列シート):4WD…325万6000円/FF…304万5900円
20S(2列シート):4WD…248万2700円

エクストレイルの詳しい情報はこちら

日産自動車
http://www.nissan.co.jpエクストレイル