「ゆるキャン△」主演の福原遥が選んだキャンピングカーがお洒落すぎる

1月31日から幕張メッセ(千葉県)でスタートしたジャパンキャンピングカーショー2020(会期は1月31日〜2月2日の3日間)。同ショーの注目は、既報のとおり、”まいん”ちゃんとして子役時代から活躍、現在では女優としてドラマ「ゆるキャン△」の主演も務める福原遥さんのキャンピングカーアワードの受賞だ。 授賞式に登場した福原遥さんは、受賞の気持ちを聞かれて真っ先に「本当にうれしいです!」と思いを語った。

●副賞のビッグキーを手にする福原さん

ちなみに今回で第8回目となるキャンピングカーアワードとは、テレビや雑誌など多くのメディアを通して活動的にキャンプ・アウトドアの魅力を発信し、普及に多大なる貢献をする人物に贈られるもの。受賞された福原さんには、副賞としてキャンピングカーが1年貸与される。

福原さんが選んだキャンピングカーは、ダイレクトカーズが手掛けるリトリートというモデル。トヨタ ハイエースをベースに、室内にリアルウッドをおごったお洒落なモデルだ。授賞式で福原さんは、「実車はここで初めて見たのですが、本物の木がお洒落だし、なんだか出かけたくなります!」とうれしそう。

そもそもキャンピングカーは、芸能人など不規則な仕事をしている人にぴったりだという。急に撮影が中止・延期になり、突然「明日お休み」なんてこともあるそう。「旅行に行きたい!」と思い立ってもホテルの予約など、急すぎてうまくいかない…。そんなときでもキャンピングカーを持っていれば、どこにでもすぐに出かけられるし、ホテルのチェックイン/アウトを気にすることなくゆったりできる。いい景色を見に行って、「天気悪いな」と思ったら、行き先を変えるのも自由なのだ、と授賞式のMCを務めた辻よしなりさん。辻さん自身もキャンピングカー愛好家で、病気をした愛犬ともっとも一緒にいたい、どこにでも気兼ねなくでかけたいという思いからキャンピングカーを購入している。

「愛犬ともっといっしょにいられる」と聞いた福原さんは、「それ、とってもうれしいです!」と反応。福原さんも「ココア」と「ミルク」という名前の2匹と暮らす愛犬家。「北海道とか、広い場所で思いっきり走らせたいですね〜」と愛犬トークを展開。福原さんは、「これまでは、家族と新幹線で旅行するときはなかなかワンちゃんを連れてくるのは難しかったのですが、キャンピングカーなら大丈夫ですね!」と素敵なキャンピングカーライフに思いをはせていた。

福原さんはドラマ「ゆるキャン△」に出演中だが、そもそもアウトドアが大好きだという。「家族で旅行に出かけることが多いのですが、昔からアウトドアが多かったですね」とのこと。しかも、「まいんちゃん」として料理番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」にも出演していた経歴を持つだけに、料理には自信満々。じつは福原さんにはキャンピングカーライフを楽しく送る素質がすべて備わっていたのだ。

今回の副賞であるキャンピングカーは、複数あるなかから福原さんが選んだモデルだという。選ばれたダイレクトカーズのリトリートは大きすぎないボディサイズが魅力。福原さんもそこをかなり重視したようで、「リトリートを選んだ理由は、まず5人乗れること。そして大きすぎないこと。運転するのもそうですが、駐車場とか置き場が大変なので(笑)」と非常に現実的な選択。「なんだか自分のお部屋みたいにもなるし、アウトドアのベース基地にもなりそうで、すごくいいです。楽しみです!」と笑顔の福原さん。

「自分で運転するんですか?」と聞くと、「以前、写真集のために免許を取ったんです。なので運転できます。箱根とかにドライブにも行きます!」。「運転するとき、心配なことあったりします?」と続けて聞くと、「高速道路でずーっと走っていると、景色が同じすぎてなんだかおかしくなってきちゃいます。あれがちょっと苦手です(笑)」。確かにその気持ち、わかります。

今回の副賞に一番喜んだのは、福原さんのご家族だという。「父と母は、『ヤッター!」と飛び跳ねていました(笑)」。さらに、ドラマ「ゆるキャン△」のメンバーも5人だから、「この受賞はゆるキャン撮影のクランクアップ前に知ったので、メンバー5人で「やったじゃん!みんなで行こう!」とはしゃいでいまいた。今度みんなに声をかけようと思います」とは福原さん。

どうやらリトリートの稼働日は思いの外多くなりそう。「以前の受賞者は、1年貸与のあと、そのままご購入された方もいらっしゃいますよ」と聞かされると福原さんは小さな声で「お金貯めなきゃ…」と苦笑いだった。

今年は福原さんのSNSで、キャンピングカーライフを見る機会が増えそうです!

〈driver@web編集部・柿崎 写真=吉田悠太&driver@web編集部〉