クスコレーシングの女性ドライバーオーディション選考結果発表!

CUSCO RACING(群馬県高崎市・代表 ⻑瀬 努)は、2020年のラリー活動に向け新たに 4人の女性ドライバーをチームに迎え、全日本ラリー選手権、TRD RALLY CUP by JBL、FIA世界ラリー選手権ラリージャパンに参戦する。さらに育成枠メンバーとして2人の新人ドライバーの採用を決定。経験の浅い育成枠の 2人はトレーニングを経て、今シーズン中の実戦参戦を予定している。参戦カテゴリー、メンバーは下記のとおり。

■全日本ラリー選手権 JN-6クラス
ドライバー:兼松 由奈(かねまつ ゆうな)

ドライバー:永井 歩夢(ながい あゆむ)

参戦車両(予定)
トヨタ ヴィッツ CVT

日産ノートe-POWER NISMO S

■TRD RALLY CUP by JBL
ドライバー:今橋 彩佳(いまはし あやか)

参戦車両(予定)
トヨタ86

■FIA 世界ラリー選手権 ラリージャパン
ドライバー:いとう りな

参戦車両(予定)
トヨタ ヴィッツR1仕様/プジョー208 R2

■育成枠メンバー
ドライバー:高橋 千織(たかはし ちおり)

ドライバー:橋本 美咲(はしもと みさき)

CUSCO RACINGは昨シーズンも積極的に女性ドライバー、コ・ドライバーを起用し、全日本ラリー選手権、TRD RALLY CUP、TGRラリーチャレンジなどに参戦。女性のモータースポーツ参加促進と門戸をさらに 広げる意味で、昨年末、女性ドライバー/コ・ドライバーを一般公募、1次選考を経て1月に行ったオーディションで上記6人が選出されている。

〈文=driver@web編集部〉