レクサス、予防安全パッケージの第2世代を2018年に導入

●Lexus Safety System + の第2世代版は、検知機能拡大のほか、新型LSに搭載されている「Lexus CoDrive」も追加

レクサスは2017年11月29日、2015年に導入を開始した開始した予防安全パッケージ「Lexus Safety System +(レクサス セーフティ システム プラス」を、さらに進化させ、事故を低減させる機能を盛り込んだ第2世代システムを2018年から日本、北米、欧州を中心に導入することを発表した。

Lexus Safety System +は、ドライバーによる安全運転を前提としたうえでドライバーをサポートするシステムで、事故発生のリスクを下げるとともに、万が一の事故の際には被害を低減させることを目的に開発した予防安全パッケージである。現在、日本、北米、欧州で販売中のほぼすべての車種(標準もしくはオプション)に設定されている。

現行のシステムでは、

・先行車または歩行者との衝突回避支援、または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ(PCS)」

・車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンディパーチャーアラート(LDA)」

・夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム(AHB)」

などを採用している。

レクサスは世界トップレベルの先進安全技術をより早く開発し、多くのクルマに普及させていくことが重要という考えのもと、新型LSに搭載した先進の安全予防パッケージ「Lexus Safety System + A」の衝突回避支援や高度運転支援である「Lexus CoDrive」を第2世代のLexus Safety System + に展開する。

現行のシステムに採用している「単眼カメラ + ミリ波レーダー」の構成はそのままに、以下の要素を取り入れ、事故の防止や交通事故死傷者の低減と、ドライバーの負担軽減を目指すとしている。

[Lexus Safety System +の第2世代に採用される機能]

■検知対象の拡大と機能向上

・PCSに夜間歩行者と自転車運転者を検知対象として追加して重大事故の原因をより広くカバーする

・カメラが主要な道路情報を読み取り、インパネ内のディスプレイに表示する「ロードサインアシスト(RSA)」を導入。制限速度や一時停止、はみ出し禁止などの交通規制の見落とし軽減を図り、安全運転をサポートする

■高度運転支援「Lexus CoDrive」の採用

・ドライバーの負担低減や利便性を向上させるため、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるようにドライバーのステアリング操作をアシストするレーントレーシングアシスト(LTA)を採用。これはレーンディパーチャーアラート(LDA)の機能も備え、白線のない直線道路でも道路端を認識することで、路外逸脱の警報(ディスプレイ表示と、ブザーまたはステアリングの振動)と回避操作をアシストする。

上記の機能に加え、ユニットを小型化して搭載性の向上も図る。