国土交通省認定の後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置。DATASYSTEM「アクセル見守り隊 SAG297」

昨今多発している、アクセルとブレーキの踏み間違いによる暴走事故。急発進による事故を抑止するセーフティアイテムとして注目したいのが、データシステムの「アクセル見守り隊」だ。


DATA SYSTEM

アクセル見守り隊 SAG297

価格:3万800円


●アクセルペダルを急激に踏み込むとアクセル信号を自動的にカットし、ノロノロと進むクリープ状態になる。同時に警告音も鳴らす

急発進による事故を抑制

「アクセル見守り隊」は愛車に後付け装着できる「急発進防止装置」だ。

これはアクセル信号をつねにモニターし、駐車場や信号待ちなどでの停車時、交差点内や車庫の出入りなど徐行時(10km/h以下での前進および後退)に作動する。ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを急激に踏み込むような動きをするとアクセル信号を自動的にカットして急発進を防止。ただし、急ブレーキがかかるわけではなく、アクセルペダルを踏んでいない状態になるためゆっくりと前または後ろに進む。同時に警告音を鳴らしてペダルを踏み間違えたことをドライバーに知らせる。

また、アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んでしまった場合にもアクセル信号をカットしてブレーキだけを作動させる。その際に、もしブレーキペダルから足が離れてアクセルペダルだけを踏んでもアクセル信号はカットされる。

アクセル見守り隊はドライブ中のさまざまな状況で役立つわけだが、急な上り坂での坂道発進や交差点での素早い右折などアクセルペダルを急激に踏み込まなくてはいけない場合に作動してスムーズな運転を妨げる場合もある。そのため、コントロールスイッチを付属しており、これを押せば一時的に機能をキャンセルできる。機能の復帰はアクセルを踏み込んで戻すだけと簡単。ちなみにアクセルペダルの急踏み込みを検知する感度はクルマに合わせて5段階で設定ができ、装着時にショップで最適な状態に設定してもらえば誤作動の可能性はほとんどない。

このほか、アクセルを急踏み込みした回数、アクセルとブレーキを同時踏み込みした回数のメモリー機能を搭載。後から運転時のエラー回数を確認でき、自分の運転を振り返るのにも役立つはずだ。

アクセル見守り隊は多くの国産車(電子スロットル制御車)に対応。車種別適合情報についてはデータシステムの公式サイト(https://www.datasystem.co.jp/tekigou/pdf/sag297.pdf)で確認できる。


[主要スペック]
●本体サイズ:75mm×23.5mm×64mm ●電源電圧:DC12V ●消費電流:約20mA(通常)/約300mA(最大) ●切り替えスイッチサイズ:14mm×20mm×7.4mm ●コード長:2m


国交省の「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置の認定」とは?

国土交通省では2019年の12月17日に「後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置の認定」を発表。3分類9装置について認定を行ったが、このなかにはデータシステムの「アクセル見守り隊」、「ペダルの見張り番Ⅱ(オートバックス専売商品)」も含まれている。国が技術的な調査・確認を行ったうえで一定の機能を有していることを認めたものだ。安心して使用できる証と言えるだろう。


車種別アクセルハーネス
ACH series

価格:4400円

車種別ブレーキハーネス
BRH series
価格:3300円

●取り付けに際しては車種別の「アクセルハーネス」と「ブレーキハーネス」が必要となる。配線はカプラーオンで本体もきわめてコンパクトなため、取り付け作業時に車両側への加工は必要なく、見た目が大きく変わることはない(任意の場所に付属スイッチは装着)。なお、取り付けはカー用品店、電装店、ディーラーなどで行いDIY作業は不可

<文=浜先秀彰 写真=澤田和久〉

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


<問い合わせ>
データシステム
TEL:086-445-1617
https://www.datasystem.co.jp/