ルームがマックス!日産新型ルークスに死角なし?

デイズ ルークスからルークスへ

2020年2月25日、日産は軽スーパーハイトワゴンの新型ROOX(ルークス)を発表した(発売は3月19日)。価格は141万5700(「S」FF・NA)〜206万6900円(「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」4WD・ターボ)。

●左がハイウェイスター、右がスタンダード

新型ルークスは、先の2月6日に発表(発売は3月19日)された三菱「eKクロス スペース/eKスペース」と同じくNMKV(日産と三菱の合弁会社)のマネジメントにより誕生した軽自動車。この新型から企画・開発担当は三菱から日産へと移行し、生産は三菱(岡山・水島工場)が受け持つ。

今回のモデルチェンジでは、車名を “デイズ” が取れた「ルークス」へ変更。これは「ルーム」と「マックス」を組み合わせた造語。求められる広い室内空間のほか、使い勝手、先進安全装備など全方位において、強力なライバルがひしめく軽スーパーハイト市場の頂点に立つべく決意の表れだ。

シリーズ体型は、従来どおり「ハイウェイスター」と「スタンダード」の2パターン。前者は堂々と、よりワイドに見えるエクステリアとし、作り込んだ質感の高さで存在感をアピール。後者は洗練された、モダンでシンプルなスタイルとした。

発表同日に行われたプレス向け発表披露会で日産の星野朝子副社長は、「私たち日産自動車は2020年、魅力あふれる『ニッサンインテリジェントモビリティ』を各セグメントに投入し、日産の先進的な技術で多くの皆さまの生活にワクワクを提供します」とコメント。その第一弾が、このルークスとなる。

●ハイウェイスターにオプション設定されるプレミアムなインテリア。インパネからドアトリムまでシームレスにつながる。助手席前のソフトパッドにはステッチまでおごり、質感を追求
●こちらはスタンダードのインテリア。明るいグレージュ内装となる

新型ルークスの進化ポイント

■広い室内
現行型デイズ(2019年登場)と同じく、先代よりホイールベースを65㎜延ばした新型プラットフォームを採用。大人4人が座っても十分なひざまわりの空間(795㎜)を創出。また後席の室内高も、小さな子どもであれば立ったまま着替えができる1400㎜を確保。荷室も、後席を最前端にスライドさせると奥行き675㎜の床面が出現。48Lの大型スーツケースを4つ同時に積むことができる。27インチの自転車も飲み込むほど広い。

●ハイウェイスターにオプションのインテリア
●ハイウェイスターのインテリア
●スタンダードのインテリア
●後席を前倒しすれば自転車まで積み込める
●荷室の狭さは軽自動車の泣き所だったが、ルークスは思ったよりも広い。後席を前方にスライドすれば675mmの奥行きを確保できる

■使い勝手のよさ
後席スライドドアの開口幅を先代比プラス95㎜の650㎜とし、足をかけるステップ部の幅も広げたことで乗降性が向上。また、荷物で両手がふさがっている場合でもキーを携帯していれば、片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側に採用。後席に備わる最大320㎜スライド機構により、前端にセットすれば、運転席に座ったまま後席に座る子どもに手が届き、ケアをサポート。さらに子どもや高齢者の乗り降りを助ける助手席側スライドドア部の「オートステップ」もオプション設定した。

●後席最後端時
●後席を前方にスライドすれば、運転席から子どものケアなどが可能な距離に
●オプションでオートステップも用意

■快適かつ安全な移動空間
現行型デイズへ初搭載した軽自動車初の運転支援技術、「プロパイロット」もさらに進化。新型ルークスでは新たにミリ波レーダーを追加採用したことで、より遠くの先行車の状況検知とスムーズな制御が可能となった。また、新型BR06型エンジンを採用したほか、エンジン、ドアまわりへ収音材を効果的に配置することで静粛性が向上。さらに、疲労軽減効果のある「ゼログラビティシート」を採用、ロングドライブ時の快適性を高めた。また、ニーエアバッグも設定。

■全方位への先進安全技術
前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などにより自車の回避操作が必要と判断した場合に警報でドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載。 また、ハイビームアシストの進化機能である 「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、前方の車両進入禁止標識、最高速度標識、一時停止標識を検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」などを搭載。
さらに、事故の際の自動通報のほか、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動通報が可能となる「SOSコール」をハイウェイスターシリーズに標準搭載した。

●ミリ波レーダーにより、2台前で死角になっている先行車の動きも検知する
●カメラで先行車や対向車の位置を検知し、幻惑しないようにLEDを制御するアダプティブLEDヘッドライトはハイウェイスターに設定
●SOSコールは、兄弟車の三菱eKクロス スペース/eKスペースにはない装備だ

■ボディカラー
ボディカラーは2トーン5色、モノトーン12 の全17色と多彩。スタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色が新色となる。

●ホワイトパール /セレニティゴールド 2トーン(特別塗装色)
●アメジストパープル/フローズンバニラパール 2トーン(特別塗装色)
●アトランティックブルー

■オーテック仕様も同時公開
また日産の関連会社であるオーテックジャパンから、専用の内外装としてより上質に仕立てた「AUTECH(オーテック)」と、ベース車の室内空間を生かし、福祉施設や病院などのニーズにも対応する「ライフケアビークル(LV)」シリーズも発表。日産の販売会社を通じて3月19日より発売する。価格【オーテック】:174万7900(FF)〜188万2100円(4WD)、【ライフケアビークル】:147万700(送迎タイプ/S)〜207万1000円(助手席スライドアップシート/ハイウェイスターXプロパイロットエディション)

●フロントグリル/バンパー、ホイールなどが専用品。オーテックはスタンダードにのみ設定
●ライフケアビークル仕様には回転助手席シートなどを装備

〈文=driver@web編集部〉