なぜ?トーヨータイヤとジャオスが戦略的パートナーシップを締結した理由

トーヨータイヤは4月2日、ジャオスと戦略的パートナーシップを締結したと発表した。

ジャオスは、SUV・四輪駆動車向けを中心にオリジナルの自動車用品を企画・製造・販売する総合パーツメーカー。アフターパーツに留まらず、自動車メーカーへのOEM納入など多岐に渡る事業を展開。また、ブランド認知拡大と商品開発を目的として、アジアクロスカントリーラリーをはじめとする国内外のレースへ積極的に参加し、数多くの実績を上げてきた。

一方でトーヨータイヤは、SUV用タイヤの商品開発・生産能力増強を積極的に実施し、SUV向けタイヤブランドである「OPEN COUNTRY」の拡販を目指している。

つまり、今回の戦略的パートナーシップの締結は、両社が互いの強みを補完する関係を築き、SUV市場におけるさらなる企業価値拡大を目指すためのものだ。

今後、相互に連携したマーケティング活動を推進することで、国内外のSUV・四輪駆動車関連市場における両社のブランド価値向上を目指す。またモータースポーツへの共同参戦や独自の製品テストなどを通して、相互の知見を商品開発に生かし、これまで以上に魅力的な製品を市場に提供していく。

〈文=driver@web編集部〉