ライバル比較で解説!eKクロス スペース/eKスペースの実力は?【vs N-BOX、タント、スペーシア】

熾烈なシェア争い。
スーパーハイト軽市場

今、日本でイチバン売れているクルマが「スーパーハイト軽ワゴン」。その定義は、全長と全幅は1998(平成10)年10月から施行された現行の軽規格いっぱいの3395㎜×1475㎜、全高は1700㎜以上、エンジンがボンネット内にあること(エブリィワゴンやアトレーワゴンなどの1ボックスはフロントシート下にエンジンがあるキャブオーバータイプ)。

●日本で一番売れているクルマ、N-BOXシリーズ

スーパーハイトの人気をリードするのがN-BOXシリーズ。2019年度の新車販売台数は約25万台で、登録車を含めて堂々のトップ。以下、2位タント(約17万台)、3位スペーシア(約16万台)と、軽乗用車のベスト3をスーパーハイト軽ワゴンが独占する。

●N-BOXシリーズを追いかけるのが、タント(左)とスペーシア(右)だ

人気の理由は軽自動車税の引き上げ(7200円→1万800円)や、昨秋の消費税率アップ(8%→10%)後もなお、登録車に比べてランニングコストが安く、コンパクトカーよりも「コスパの高さ」が光ること。室内空間の広さや両側スライドドア&低床フロアがもたらす乗降性の高さも加わり、子育てファミリーからシニア世代まで幅広く支持を集めている。

●今回は、eKクロス スペース/eKスペース、N-BOX、スペーシア ギア、タントを連れ立ってロングラン。以上5台の実力を検証した

絶対王者、N-BOXを筆頭に各社が熾烈なシェア争いを繰り広げるスーパーハイト市場に、プラットフォームとパワートレーンを刷新して挑むのがeKクロス スペース/eKスペース。パッケージングは各車横並びの「背高ボディ」と「両側スライド」で、一見どれも代わり映えしないような感じがするが……そこで、eKクロス スペース/eKスペースとN-BOX、スペーシア ギア、タントのスーパーハイト5車種を、ロングドライブを想定した「高速250㎞」、デイリーユースを想定した「一般道100㎞」の2つのステージで乗り比べながら、各車の使い勝手や燃費、乗り味の違いをチェックしたうえでキャラクター別に分類。ライフスタイルに合わせたスーパーハイト選びに役立てて欲しい。

●今回取り上げる車種の一覧。N-BOXは試乗車の都合で唯一4WDとなっている

【実走燃費計測の結果はこちら】

計測条件:ドライバーは適宜交代で1〜2人乗車。エアコンは23℃設定 高速道路ルート:東名高速道路・愛鷹PAを起点に名古屋方面へ遠州豊田PAまで走行。遠州豊田スマートICで折り返して、再び東名高速道路を東京方面へ沼津ICまで走行 一般道路ルート:神奈川県湯河原町から国道135号→国道1号→国道15号で東京都中央区まで走行 ※トリップメーターと実走行距離との誤差は補正済み。実走燃費は各車の車載燃費計で計測

〉〉【比較01】遊べるスーパーハイト軽