スープラ改良版はエンジンが47馬力向上。価格も約40万円アップ!鮮烈ブルーの特別仕様車も設定

■出力向上、ブレース追加、サスペンション再チューニング

トヨタは4月28日、スープラを一部改良するとともに特別仕様車「RZ“Horizon blue edition”」を設定。10月ごろに発売する。なおRZの外板色「マットストームグレーメタリック」については限定27台、特別仕様車「RZ“Horizon blue edition”」は限定100台の販売となる。

 

今回の一部改良では、RZに搭載される3Lエンジンの出力を従来比で14%向上。285kW(387ps)/5800rpmとした。さらにフロント部にブレースを追加してボディ剛性の強化を図るとともに、サスペンションを再チューニング。コーナリング中の安定性を高めている。

●斜めに橋渡ししているのが、今回追加されたブレースだ

ちなみにエンジンルームのブレースは、兄弟車であるBMW Z4にはすでに装着されていた。今回、スープラ改良版に追加されたブレースがZ4と同じものかどうかは現時点では不明だが、スープラは改良前からブレースを取り付ける位置はすでに準備されていた、と考えることもできる。

外板色には、100台限定販売のマットストームグレーメタリックを含む全7色が設定されている。また、ブレーキキャリパーに専用ロゴを追加している。

■スープラRZ(3Lエンジン)スペック比較

 従来型新型
最高出力 kW(ps)/rpm250(340)/5000285(387)/5800
最大トルク Nm(kgm)/rpm500(51.0)/1600〜4500500(51.0)/1800〜5000
車両重量15201530
0→100km/h加速(秒)4.34.1

車両重量は10kg増えたが、出力が大幅に向上したためダッシュ力もさらに向上。0→100km/加速は0.2秒も短縮している。

■特別仕様車「RZ“Horizon blue edition”」

特別仕様車「RZ“Horizon blue edition”」は、RZをベースにブルーの外板色とした特別仕様車。販売台数は100台限定。外板色は新規採用カラーのホライズンブルーで、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールを装備している。インテリアも、表皮にアルカンターラとブラックの本革を組み合わせたシートを採用。シート表皮をはじめ、インパネパネルやドアトリム、ステアリングホイールなお随所にブルーステッチを施し、ブルーカラーで統一した仕様となっている。

■販売概要

・RZ(マットストリームグレーメタリック):限定27台
商談申込みを4月28日から5月24日までの約1カ月間、Web限定で受け付ける。抽選のうえ、10月ごろより販売予定。オプション価格として、35万2000円高となる。

・特別仕様車「RZ“Horizon blue edition”」:限定100台
注文受付を取り扱い販売店にて4月28日より開始し、成約順に100台販売。

■メーカー希望小売価格

グレードエンジン価格
RZB58(3Lターボ)731万3000円
SZ-RB48(2Lターボ)601万3000円
SZB48(2Lターボ)499万5000円
特別仕様車「RZ“Horizon blue edition”」B58(3Lターボ)741万3000円

〈文=driver@web編集部〉