速度取り締まりの最終兵器が使い物にならない? 可搬式オービス「LSM-300」が“カカシ”化するであろう深いワケ

可搬式オービス「LSM-300」はカカシ?

「新型コロナの外出自粛で交通量が減った。走りやすくなってスピード違反が増えた。可搬式のオービスで神出鬼没に取り締まります」。そんなニュースがぽつぽつあった。用いられる画像、映像はだいたい東京航空計器(以下、TKK)のLSM-300だ。都道府県警察の多くがLSM-300を1台1千万円ほどで購入している。世間は「LSM-300はヤバイぞ」という認識になっているようだ。

●東京航空計器の可搬式オービス、「LSM-300」

しかし! 私はまったく別の見方をしている。どうやらLSM-300は、「ヤバいぞ」と思わせるためのカカシにすぎないようだ。大胆に言ってしまえば、使い物にならず、いずれ姿を消すのではないか。ディープな話をしよう。

1)新型オービス、偽りの大義名分
2)「速度違反金」と取り締まりの民間委託
3)遅れてTKKが「レーザー式」で参戦
4)警察庁がえげつなくTKKをひいき
5)物理的デバイスと戦後初の予算撤回
6)LSM-300は姿を消し、センシスの時代に

1)新型オービス、偽りの大義名分

警察庁は、表立っては2013年6月から「新たな速度違反自動取締装置」の導入へ動きだした。装置的にも運用的にもまさに「新たな」であり、私は「新型オービス」と呼ぶ。可搬式はその一種だ。固定式も含めネットでは「移動オービス」「移動式オービス」と呼ばれる。呼称問題についてはこちらを。 → https://driver-box.yaesu-net.co.jp/new-article/33450/

「通学路、生活道路の速度を抑止して安全を守る」、それが新型オービスの大義名分だ。テレビ・新聞の報道では、児童らの安全を守る「切り札」として紹介されてきた。だが、よく考えてほしい。通学路等の速度を抑止するにはハンプ(かまぼこ型の盛り上がり)や狭さく(頑丈な杭を設けてわざと道路を狭くする)など物理的な方法がある。それらは24時間、365日、速度を抑止し続ける。たまに取り締まりを行うより断然効果的だ。ところがハンプや狭さくのことは一切触れず、可搬式オービスが「切り札」だというのである。絶対おかしい。

次ページは、
2)速度違反金と取り締まりの民間委託