タントの買い得仕様として新設定の「X スペシャル」は、本当にオトクか!?

ダイハツは、軽乗用車「タント」にXスペシャルを新設定し、2020年6月17日に発売した。価格はFF車が140万8000円、4WD車が153万4500円。

今回新設定したX スペシャルは、Xをベースに運転席ロングスライドシートやミラクルオープンドアなどの機能によるスムーズな車内移動が可能となる「ミラクルウオークスルーパッケージ」の特長はそのままに、その他の装備内容を見直すことでベースグレードよりもFF、4WDとも8万2500円も安い価格設定となっている。

まず、ベースグレード同様に装備される機能は以下のとおり。

・ミラクルウオークスルーパッケージ(運転席ロングスライドシート〈540mm/シートバックレバー付き〉、助手席ロングスライド〈380mm〉など)
・プッシュボタンスタート&キーフリーシステム(イモビライザー機能付き・タッチ式リクエストスイッチ式〈運転席/助手席〉・リクエストスイッチ付き〈バックドア〉)
・オートエアコン(プッシュ式)
・オート格納式カラードドアミラー(FF車。4WD車はヒーテッド仕様および助手席サイドアンダーミラー付きとなる)

スライドドアが手動式に

では、Xから何が省かれたのか。
まず、大きなところでは、左側電動スライドドアおよびスライドドアイージークローザーを省いた。細かなところではUSBソケット(運転席)とショッピングフック(助手席シートバック2個)。以上の4つだ。

プラスαの装備もあり!

ところが、大物を省いたにもかかわらず、プラスされた装備もある。まず、360°スーパーUV&IRカットガラス(フロントクオーター/フロントドア/リヤドア/リヤクオーター/バックドアウインドー)だ。これはXではUVカットガラスとなっているものだ。ちなみにフロントウインドーはどちらもUV&IRカットガラスを装備。

そして、もうひとつ。チルトステアリングを装備する。これは、「セレクション」シリーズおよび福祉車両には標準装備だが、それ以外はカスタムを含めパックオプションを選ばないと装備されない。単一アイテムとして標準装備されるのはうれしいところだ。

上記2つは、Xではパックオプション(コンフォータブルパック)として追加可能だが、FFで3万8500円高、4WDで3万3000高となるから、パックオプションに含まれるほかの装備が必要なければ、断然オトク度は高い。

X スペシャルはL以上X未満

このように、買い得仕様であることは間違いない。快適装備が充実するXと、必要十分な装備内容のLとの価格差15万9500円を埋める、ちょうどいい落としどころの装備内容が、ずばりX スペシャルだ。

後席へのアクセス頻度が低いなら、左側電動スライドドアおよびイージークローザー機能がなくてもそれほど困らないだろうが、タント自慢のミラクルオープンドアの利便性を重視する向きには悩ましい。もちろんこれらはオプションにより追加することはできないので、十分検討したいところだ。

新グレード「X リミテッド」の詳しい情報はこちら
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/09_special_02.htm

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの

〈文=driver@web編集部〉


ダイハツ
https://www.daihatsu.co.jp/