データシステムの「TV-KIT」が新型ハリアーに適合。ドライブ中に乗員がテレビを見られるように。ナビの設定操作も可能

データシステムは、新型ハリアーに適合する「TV-KIT」シリーズを発売した。

新型ハリアーの純正ナビゲーション(T-Connect SDナビゲーションシステム〈12.3インチ〉+JBLプレミアムサウンドシステム装着車)に「TV-KIT」を装着することで、走行中でも純正ナビのテレビ視聴が可能となるほか、走行中のナビ操作も行えるようになる。同乗者が走行中でもテレビを楽しめるほか、カーナビの設定操作をサポートできるなど、便利に使えるアイテム。

このほか、USBモードやMiracastでの動画再生も可能。ハイブリッド仕様ではエネルギーモニター(タイヤの回転表示やエネルギーフローなど)への影響もなく、パノラミックビューモニターも通常使用が可能だ。

また、Android Autoのウェブ検索時のキーボード表示が走行中でも可能となる(純正は停車中のみキーボード表示)。

車両側の配線を傷つけずに取り付けられるカプラーオン仕様だ。

新型ハリアーに適合の製品概要は以下のとおり。

■適合車種
・トヨタ ハリアー(年式:2020年6月~)
型式:AXUH80/85型/MXUA80/85型(T-Connect SDナビゲーションシステム〈12.3インチ〉+JBLプレミアムサウンドシステム装着車)

■品番
TTV411(切り替えタイプ)
TTV411B-D(ビルトインタイプ)
TTA611(オートタイプ)

■価格
各2万8600円

●TV-KIT「TTV411」(切り替えタイプ)
●TV-KIT「TTV411B-D」(ビルトインタイプ)

「TV-KIT」シリーズの詳しい情報はこちら
https://www.datasystem.co.jp/products/tvkit_sr.html


<問い合わせ先>
データシステム
TEL:086-445-1617
https://www.datasystem.co.jp