凹凸構造とは何者?ダンロップの新スタッドレス「WINTER MAXX 03」を発表

住友ゴム工業は6月30日、ダンロップ史上最高の氷上性能を実現したスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 03(ウインター マックス ゼロスリー)」を発表。8月1日から順次発売を開始する。サイズラインアップは全98サイズで、価格はオープンとなっている。 

WINTER MAXX 03は、新技術「ナノ凹凸ゴム」と、「液状ファルネセンゴム」を組み合わせることで、従来品の「WINTER MAXX 02」以上の効き長持ちも実現している。

WINTER MAXX 03は、「ナノ凹凸ゴム」の凹凸構造の微細な突起部分がいち早く水膜に到達することで除水スピードが速まり密着時間が増加。さらに素材の柔らかさにより氷への密着を高めることで、新品時の氷上ブレーキ性能が22%も向上、氷上コーナリング性能も11%向上している。

また、摩耗しても凹凸構造を維持し続ける「ナノ凹凸ゴム」と、ゴムのしなやかさを長期に渡って保つ「液状ファルネセンゴム」により、その高い氷上性能が長期間維持されるという。従来品と比較したスパイダーチャートは下記のとおり。

これらの技術の組み合わせにより、圧雪アイスバーンやミラーアイスバーン、ブラックアイスバーンなどが発生する危険な冬道でも安全かつ安心して走行できるとしている。

そのほか、特徴技術は下記のとおり。

〈文=driver@web編集部〉