ロードスターミーティングは今年も熱かった! 2018 イベント編

●歴代ロードスターだけでなく、限定車や希少車もここにくればロードスターのすべてが見られる!?

マツダからは今年もサプライズが!

マツダ ロードスターのオーナーズミーティングでは日本最大のイベント、「ロードスター 軽井沢ミーティング 2018」が今年も5月最後の週末に行われた。

イベントを楽しむオーナーのなかには、自分でフリーマーケットを開く人もいる。駐車スペースからはみ出ない場所で開くのでそんなに広くはないが、掘り出し物もたくさん見受けられた。

●このように自分のクルマの前を使って、フリーマーケットを開く。なかには激安な掘り出し物も!?

なかには、オリジナルのグッズを売る人もいて、買いにくるオーナー同士でまた仲良くなるというミーティングならではの光景も。

●手作りのオリジナルキーホルダーが売っていた。あまりに可愛くて、一つ購入した

家族連れでも楽しめるのは、このイベントの特徴だ。キッズペダルカー競争や、フワフワアスレチックも盛り上がっていた。

●毎年恒例ペダルカーレース。絶版品のNAペダルカーを使用する。5歳までのロードスター好きなお子様なら、誰でも参加できる
●会場に常設された大型エア遊具施設「アミーチアクション」が、今年から解放された。ミーティング参加者は無料で利用できる。子供達だけではなく、大人も楽しんでた!?

 

そして、ロードスターの生みの親、マツダからも毎年サプライズがある。今年は、ベージュ内装のNDが登場した。

●噂される改良モデルに追加されるのか? 色味はNBのタン内装に似ている。幌はキャラメルと呼ばれていたダークブラウンで、ホイールにも高輝度塗装タイプが採用されていた

この時点では参考出品だったが、のちの開発陣のトークショーで「近々発売されると思いますのでお楽しみに」と濁しながらも発表された。

●中山主査をはじめとしたND開発陣がトークショーに登場。オーナーからの鋭い質問にタジタジだった

好評のNAレストアプロジェクトからは、新たな復刻品が発表された。会場内に設けられたブースには、オーナーが絶えることなく訪れていたことからも注目度が高いことがうかがえる。来年あたりから、レストア車両の参加もあるかもしれない。

●ついに純正アルミホイールが復刻する。ヒューズボックスのコーションシールも復活だ

 

見所たくさんの、軽井沢ミーティング。ここでしか会えない人、ここでしか買えないもの、楽しみかたは自由だ。また来たくなるという参加者の言葉がわかる気がした。

●こちらも恒例の参加者集合写真。また来年も、ここで会いましょう!

 


軽井沢ミーティング2018 オーナー編

軽井沢ミーティング2018 ショップ編