【TMS2019現地詳報】カーメイトが新コーポレートロゴに。「Carmate」で新たな挑戦を決意。注目すべき参考出品が盛りだくさん!

カーメイトは2019年10月24日、東京モーターショー2019の同社出展ブースで、新しいコーポレートロゴを発表した。

 

新しいコーポレートロゴは、小文字を取り入れたロゴタイプとともに、新たにシンボルとなるロゴマークを取り入れたものとなっている。カーメイトがコーポレートロゴを刷新するのは1991年以来じつに28年ぶりとなる。

2019年6月に代表取締役社長就任した徳田 勝氏が登壇し、新しいコーポレートロゴを披露するとともに、東京モーターショー2019の出展概要を説明した。

 

カーメイトは経営理念を2018年11月に刷新しており、新たな理念として「未来に向けた信頼品質でeものづくり」を掲げた。そして新しい世代に共感してもらうことを目指すとし、今回新たなコーポレートロゴを制定することとした。これまのロゴタイプは1991年から使用しており、力強さと勢いのあるカー用品らしいデザインを採用していた。社内への新しい経営理念の徹底と、新しいモノづくりの意思を社外に示すために、経営理念に沿ったコーポレートロゴを導入することにしたという。

 

 

コーポレートロゴのコンセプトは「共感・エレクトロニクス・テクノロジー」。創業した1970年から現在まで大文字で構成された「CARMATE」のロゴタイプのみの展開だったが、小文字を採用したものに変更、新たにロゴマークを組み合わせる。

ロゴタイプは、小文字を採用することで全体的な柔らかさと、親しみやすさを表現。均一な線幅と幾何学図形を用いた、デジタルで現代的なロゴに仕上げている。

ロゴマークは、「従来製品に、時間軸の概念と新しいエネルギーが加わる」新しいカーメイトが目指すモノづくりを図形化。カーメイトが「eモノ・コト」を創造することで成長する様を表した意匠としている。

カラーは従来の青を継承しながら、歴史を示す紺色と、新しいエネルギーやテクノロジーを表す黄緑色を加えた。

新しいコーポレートロゴはもうひとつある。それは、音によるもの。デジタル音を組み合わせて、「カーメイト」と聞こえるように合成したものだ。

ロゴタイプおよびロゴマーク、音声ロゴの3つのコーポレートロゴを2019年10月24日から展開。製品やパッケージなどは順次新ロゴに切り替えていくという。

 

 

 

 

次ページは、発売間近!? 絶対欲しい!! な、参考出品を紹介!