アナタは同乗者に「後席でもシートベルトしてね」と言えますか? 

まだシートベルトしてないの?

JAFは警視庁と合同で、2019年11月5日〜21日の機関で「シートベルト着用状況全国調査」を実施。その結果を公表している。

全国886カ所での調査によれば、後席でのシートベルト着用率は、一般道で39.2%(前年比1.2ポイント増)と、2002年の合同調査開始以来、過去最高。また、高速道路では74.1%(前年比0.1ポイント減)だった。

運転席や助手席での着用率は90%以上、ほぼ100%に近い数値となっているものの、後席での着用率は依然として低い。2008年に後席でのシートベルト着用が義務化され10年以上がたったが、その推移もほぼ横ばいだという。

そのなかでも、特に一般道での着用率の低さが際立つ。それは、みなさんも実感するところだと思う。家族や仲間が後席に座って、すぐにシートベルトを着用しているだろうか? 「シートベルトしてね」と声をかけているだろうか? 後席で未着用でも、高速道路でのみ違反だから…。そんな声が聞こえてきそう。後席でのシートベルト着用の重要性が十分に認識されていない。

後席シートベルト未着用で発生する3つの危険性

交通事故の際、後席シートベルト未着用でどんなことが起こってしまうのか?

1)車内のピラーやシートなどに激突、自らが障害を負う危険性
→当然ながら、事故時に座席にとどまっていることなど不可能

2)運転者や助手席同乗者へぶつかり、危害を加える危険性
→ミサイルのように体が飛んでいき、同乗者に当たってしまう

3)窓などから車外に放出される危険性
→車外放出時の衝撃もそうだが、他車から引かれてしまう場合もある

◆シートベルト非着用の後席ダミーがシートごと運転席ダミーを押しつぶした(JAFホームページより)

「違反にならないから…」という判断は過ち。尊い命を守るために、後席シートベルト着用は必須なのだ。

■一般道におけるシートベルト着用状況調査結果

■都道府県別データ(一般道)

■高速道路などにおけるシートベルト着用状況調査結果

■都道府県別データ(高速道路など)

〈driver@web編集部〉